コンテンツにスキップする

8月10日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は 次の通り。

◎NY外為:ドル指数は6月以来の低水準、米利上げ観測後退

10日のニューヨーク外国為替市場でドルが下落。ドル指数は6月以 来の低水準をつけた。年内の米利上げ観測が後退したのが背景。

ドルは主要通貨のすべてに対して下落。連邦公開市場委員会 (FOMC)が年内に利上げを決定する確率は、先週末に47%と市場で 織り込まれていたが、今では41%に低下した。

ドルは年初から4%超の下げ。米利上げ軌道が緩やかなため、追加 緩和を進める欧州や日本との金融政策見通しの差が予想されていたほど 広がらないことが背景。トレーダーは金融政策の方向性を探ろうと、今 月末にワイオミング州ジャクソンホールで行われるイエレン米連邦準備 制度理事会(FRB)議長の講演に注目している。

クレディ・アグリコルCIBの為替ストラテジスト、バシーリ・セ レブリアコフ氏(ニューヨーク在勤)は「ジャクソンホール会合の前に 米政策当局から直ちに影響力のある材料は出ないだろうと、市場の雰囲 気は落ち着いている」と述べ、「これが一部の高利回り通貨に対してド ルを売る機会をもたらした」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ブルームバーグ・ドル・スポット 指数は0.4%低下し、6月23日以来の低水準をつけた。ドルは対ユーロ で0.5%下げて1ユーロ=1.1176ドル、対円では0.6%安の1ドル=101 円29銭。

9月のFOMCで利上げが決定すると予測するトレーダーは 約18%。ウエストパック銀行の為替ストラテジスト、ショーン・キャロ ー氏(シドニー在勤)は「市場は米当局の動きに何ら緊急性を感じ取っ ていない」と述べ、「ドルにとっては確実に向かい風だ」と続けた。

原題:Dollar Falls to Lowest Since June as Fed Rate Sentiment Recedes(抜粋)

◎米国株:主要株価指数が下落-銀行やエネルギー売られる

10日の米株式相場は下落。原油相場の値下がりを受けてエネルギー 株が売られたほか、銀行株も安い。また製薬会社ペリゴの決算が期待外 れな内容となったことが嫌気され、ヘルスケア株が下げた。

S&P500種株価指数は前日比0.3%安の2175.49。ダウ工業株30種 平均は37.39ドル(0.2%)下げて18495.66ドル。

テミス・トレーディングの株式トレーダー、マーク・ケプナー氏は 「きょうはエネルギー株にとっては全く良い日ではない」と指摘。「雇 用統計は明るい内容だったものの、金融当局が9月に政策を据え置きそ うだとの見方が広がっている。金融株が下げているのはそのためだろ う」と分析した。

米国株相場は今年これまで、弱気姿勢のトレーダーには痛み以外ほ とんど何ももたらしていないが、その状況は一段と悪化しつつある。

ブルームバーグとゴールドマン・サックス・グループがまとめたデ ータによれば、最もショートにされている株式50銘柄は6月末以降に逆 に最大16%上昇し、四半期ベースではここ5年余りで最大の上げとなる 勢いだ。

英国の欧州連合(EU)離脱決定で世界経済が混乱するとの懸念や 5四半期連続での米企業の減益、株式バリュエーションの伸長で、投資 家らは今夏の米国株下落を見込む理由が十分過ぎるほどあった。だがそ うした予想は外れ、トレーダーらは今後の業績が景気拡大の恩恵を受け そうな銘柄を購入。金融当局の下支えが継続すると市場が期待している ことが示唆された。

グリーンウッド・キャピタル・アソシエーツ(サウスカロライナ州 グリーンウッド)の最高投資責任者(CIO)、ウォルター・トッド氏 は「低金利のほか、利用可能な資金があふれているという環境が、現在 の市場はショート筋に極めて大きな危険をもたらしている」と指摘。 「米国株相場はじりじり上昇を続けている。相場が停滞気味の状況で は、ショートにするのは決して良い考えではない」と続けた。

10日の市場では、エクソンモービルが1.8%安となるなどエネルギ ー株が安い。在庫の増加を嫌気して原油相場が大幅安となったことを受 けた。また金融当局は利上げを急いでいないとの観測から10年債利回り が下げたことから、銀行株が売られた。ペリゴは9.6%安。通期の利益 予想を下方修正した。

S&P500種の構成銘柄では90%余りが四半期決算の発表を終えて おり、うち78%で利益、56%で売上高がそれぞれ予想を上回っている。 この日決算を発表した企業では、マイケル・コース・ホールディングス が2.8%安。4-6月(第2四半期)の既存店売上高が市場の予想以上 に落ち込んだ。

原題:U.S. Stocks Fall From Record as Banks, Energy Producers Retreat(抜粋) 原題:Brexit Bounce a Disaster for Bears as S&P 500 Slips From Record(抜粋)

◎米国債:入札好調、海外需要旺盛で-バブル警鐘に耳貸さず

10日の米10年債入札では、世界の投資家からの需要が引き続き高い ことが示された。

10年債入札(発行額230億ドル)の最高落札利回りは1.503%と、過 去4年で最低となったものの、中央銀行や投資信託など間接入札者から の需要が過去最高に近かった。前日の3年債入札でも購入意欲が強く、 需要は年初来で最も強かった。この日の米国債相場は10年債入札後に上 げ幅を拡大し、世界的な債券高につれる格好となった。

日本や欧州が前例のない金融緩和を実施しているため、ビル・グロ ース氏やジェフリー・ガンドラック氏ら投資家は債券市場にバブルが発 生していると警告しているが、需要は強い。債券購入などこれら中央銀 行の政策の影響で投資資金は利回りを求めて米国債に流れ、利回り上昇 を抑制している。世界では9兆ドル近くのソブリン債の利回りがマイナ スになっている。

CIBCワールド・マーケッツのマネジングディレクター兼米国債 トレーディング責任者、トム・トゥッチ氏(ニューヨーク在勤)は「大 局的に見れば、金利が適正水準にないという意味でバブルが形成されて いるとの指摘はあるだろう。しかし、中銀が継続的に市場から供給を吸 い上げている場合、金利が大きく上昇するのは非常に難しい」と指摘し た。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーのデータによれば、ニューヨ ーク時間午後5時現在、10年債利回りは前日比4ベーシスポイント(b p、1bp=0.01%)低下の1.51%。同年債(表面利率1.625%、2026 年5月償還)価格は101 1/16。

先月の入札では、間接入札者の落札に占める割合が約54%と2015年 1月以来の低水準となったが、今回は約72%に戻った。一方、プライマ リーディーラー(政府証券公認ディーラー)の比率は20%。前回は38% だった。

米国債は英国債の上昇に追随した。量的緩和を拡大しているイング ランド銀行(英中銀)が実施した国債買い入れオペでは、応札倍率 が4.71倍だった。9日の国債買い入れでは目標に届かなかった。

英10年債利回りは一時7bp低下し、0.51%と過去最低を記録し た。

パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)の ポートフォリオマネジャー、マイケル・エイミー氏(ロンドン在勤)は ブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「特に期間が長めの 国債利回りに低下圧力が掛かっているようだ」と述べた。同社のトータ ル・リターン・ファンドは米国債の比率を7月に2年1カ月ぶりの高水 準に引き上げた。

PIMCOのウェブサイトのデータによると、同ファンドに占める 米国債と関連証券の割合は45.6%と、6月の39.7%から上昇。2014年6 月以来の高水準となった。

PIMCOの世界戦略アドバイザー、リチャード・クラリダ氏は8 日のブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「米国債市場を 本当に動かしているのは、欧州と日本のマイナス利回り政策と利回り急 低下だ。これが強力に米利回りを押し下げている。すぐに弱まるとは思 えない」と語った。

原題:Treasuries Auction Shows Limit to Losses in Negative-Yield World(抜粋)

◎NY金:続伸、中国自動車販売の増加でパラジウムは6年ぶり大幅高

10日のニューヨーク貴金属市場ではパラジウムが急伸し、日中ベー スでは約6年ぶりの大幅高となった。中国自動車販売の増加を背景に、 供給が不足するとの観測が強まった。金先物相場は続伸。

欧州三菱商事(ロンドン)の貴金属ストラテジスト、ジョナサン・ バトラー氏は「パラジウム需要を支える背景が鮮明になった。最大生産 国であるロシアや南アフリカ共和国の生産が脅かされるとの懸念が続 き、動きを増幅している」と指摘。「ここからは少し利益確定の動きが 見られるかもしれないが、700ドルの水準は確実に取り戻したようだ」 と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のパラジウム先物9月限は 前日比4.6%高の1オンス=726.40ドルで終了。一時は7.7%高と、日中 ベースでは2010年5月以降で最大の上げ。

ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日 比0.4%高の1オンス=1351.90ドル。銀相場も上昇。

プラチナは一時3.4%上げて1199.50ドル。

原題:China Car Surge Sends Palladium on Steepest Ascent in Six Years(抜粋)

◎NY原油:大幅続落、米在庫増を嫌気-製油需要が減少

10日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インタ ーミディエート(WTI)先物が大幅続落。米エネルギー情報局 (EIA)の週間統計では、先週の米原油在庫の増加が示された。製油 所での原油需要は前の週から減少した。

マニュライフ・アセット・マネジメント(トロント)のファンドマ ネジャー、クレイグ・ベシューン氏は「製油所が稼働を抑えているた め、原油の在庫水準がまた上昇してきた」と指摘。「ガソリンやディー ゼル油の供給がかなり潤沢にあるため、製油所はそれに応じた行動をと らざるを得ない。もうじき整備点検の季節に入り、製油活動はますます 落ち込むだろう」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物9月限は前日 比1.06ドル(2.48%)安い1バレル=41.71ドルで終了。ロンドン ICEのブレント10月限は93セント(2.1%)下げて44.05ドル。

原題:Oil Falls After U.S. Crude Supply Gains, Refinery Demand Slips(抜粋)

◎欧州株:7週ぶり高値から反落-エーオンやノボザイムズ決算に失望

10日の欧州株式相場は6営業日ぶりに下げ、指標のストックス欧 州600指数は前日付けた約7週間ぶりの高値から反落した。ドイツのエ ネルギー企業エーオンや、デンマークのバイオテクノロジー会社ノボザ イムズなどが発表した決算が失望する内容だったことを受け、売りが優 勢となった。

1-6月(上期)決算で損益が赤字となったエーオンは約7%下 落。ノボザイムズは12%急落し、製薬株指数は業種別指数の中で最もき つい下げを演じた。利益が予想に届かなかった同社は、売上高見通しを 下方修正した。石油銘柄では英蘭系ロイヤル・ダッチ・シェルと、英タ ローオイルの下げが目立った。原油安が嫌気された。アルセロールミタ ルやフェストアルピーネなどの鉄鋼株も売られた。

ストックス600指数は前日比0.2%安の343.98で終了。一時は0.4% 安となった。この日の出来高は30日平均を3割余り下回る水準だった。 前日の取引で強気相場入りした独DAX指数は0.4%下落。エーオンの ほか、ユーロ安でティッセンクルップやバイエルなどの輸出銘柄が値下 がりした。

セブン・インベストメント・マネジメント(ロンドン)の投資マネ ジャー、ベン・クマール氏は「決算シーズンは素晴らしいというほどで もなく、原油価格は再び揺れ動いている」とし、「すでに稼いだのな ら、様子見の姿勢を取るだけで十分で、市場に復帰するにはまだかなり 不十分だ。あまり好ましい上昇ではない」と語った。

イングランド銀行(英中央銀行)の追加刺激策や予想を上回った米 雇用統計、企業決算を手掛かりに、ストックス600指数は前日まで5営 業日続伸。英国の欧州連合(EU)離脱選択を背景に付けた安値か ら12%値を戻していた。なお6月23日の水準を0.7%下回っているもの の、米国とアジアの株価指数は既に下げを埋めている。

個別銘柄では、映画製作やテレビ番組制作を手掛けるエンターテイ ンメント・ワンが10%急伸。英メディア企業ITVからの買収案を拒否 したものの、条件引き上げを目指していることを示唆した。ITV は0.9%上昇。

原題:Europe Stocks Slip From 7-Week High as EON Falls After Earnings(抜粋)

◎欧州債:ドイツ国債が上昇、10年債入札で落札利回りが最低を更新

10日の欧州債市場ではドイツ国債が上昇。10年債入札で平均落札利 回りがマイナス0.09%と、過去最低を更新したことが背景にある。

これまでの最低は7月13日のマイナス0.05%だった。欧州中央銀行 (ECB)の追加緩和観測で、ユーロ圏の国債は軒並み上昇。スペイ ン10年債利回りは過去最低を更新した。

この日の独10年債入札では目標額50億ユーロに対し、57億ユーロの 応札があった。6、7月の入札では札割れとなっていた。

みずほインターナショナルの金利ストラテジスト、アントワーヌ・ ブーベ氏(ロンドン在勤)は独10年債入札について、「5月以降で初め て目標額が満たされた」とし、「こうした低い利回りを考慮すると、需 要は極めて強い」と語った。

ロンドン時間午後4時30分現在、ドイツ10年債利回りは前日比3ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下のマイナス0.11%。これ までの最低は先月6日に記録したマイナス0.205%。同国債(ゼロクー ポン、2026年8月償還)価格はこの日、0.31上げ101.079。

スペイン10年債利回りは5bp下げ0.95%。同年限のイタリア国債 利回りは4bp低下し1.08%と、約1年ぶりの低水準を付けた。

原題:German Bonds Rise as 10-Year Auction Achieves Record-Low Yield(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE