コンテンツにスキップする

元ゴールドマンMBSトレーダーを調査の米当局、提訴を準備-関係者

米証券監督当局はゴールドマン・サックス・グループを2012年に解雇された住宅ローン担保証券(MBS)トレーダー、エドウィン・K・チン氏を調査しており、同氏を相手取った民事訴訟を起こす準備を進めている。事情を知る複数の関係者が明らかにした。

  同関係者が匿名を条件に語ったところによれば、米証券取引委員会(SEC)と米司法省はゴールドマン勤務当時のチン氏の行動に関する調査で協力している。SECは訴訟を準備しているが、双方が和解を目指す可能性もあるという。

  当局の調査の結果、チン氏はゴールドマンが取得したMBSの価格を水増しして同証券の取引でより多くの利益を確保していた可能性があることが判明した。これらの取引は08年の金融危機の後に行われたという。

  チン氏に取材を試みたが返答はない。ゴールドマンとSEC、司法省の担当者はコメントを控えた。

原題:U.S. Said to Prepare Case Against Former Goldman MBS Trader (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE