コンテンツにスキップする

米GM車始動装置の不具合めぐるテキサス州訴訟、審理始まる

米ゼネラル・モーターズ(GM)は今年イグニッションスイッチ(始動装置)の不具合をめぐる2件の米民事訴訟を乗り切ってきたが、3番目の訴訟の審理が9日、テキサス州ヒューストンの連邦地裁で始まった。

  同州の10代の若者が故殺で逮捕され、後に始動装置の不具合と関連付けられた今回の訴訟は、GMにとって最も困難な訴訟の一つとなる可能性がある。

原題:GM Seeks to Extend Win Streak in Texas Ignition-Switch Trial (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE