コンテンツにスキップする

豪コモンウェルス銀:16年6月期の増益率、2009年以来の低水準

  • 商品セクター向けを中心に貸倒引当金が急増
  • 16年6月通期は3%増益、リテール部門が好調だった

オーストラリア最大の銀行、コモンウェルス銀行の2016年6月通期決算では、増益率が09年以来の低水準となった。大半の部門で利益が減ったほか、商品相場が下落する中で貸倒引当金が膨らんだ。

  10日の当局への届け出によれば、同行の一部項目除く通期利益は94億5000万豪ドル(約7370億円)と、前年の91億4000万豪ドルを3%上回った。7年連続の最高益更新となったものの、減益となった09年以来の低い利益の伸びにとどまった。ブルームバーグがアナリスト13人を対象に行った調査では、95億豪ドル(予想中央値)と見込まれていた。

  部門別では、リテール銀行部門など一部を除いて軒並み減益となった。貸倒引当金は前年比27%増の12億6000万豪ドル。資源や商品、酪農セクター向けで拡大したという。

原題:CBA Profit Growth Slowest Since 2009, Bad-Debt Charges Climb (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE