コンテンツにスキップする

三菱商の米子会社ダイアモンド、太陽光発電会社の少数株取得

三菱商事の米国子会社で風力・天然ガス火力発電所を運営するダイアモンド・ジェネレーティングは太陽光発電を手掛ける米ネグザンプの少数株式を取得する。買収額は公表されていない。

  ダイアモンドのプロジェクト金融・エネルギー源分散担当バイスプレジデント、ポーラ・ザグレキ氏はこの取引で同社が太陽光エネルギーに参入することになると、9日のインタビューで語った。

  ダイアモンドは昨年、発電分野を多角化させる方針を決定。マサチューセッツ州ボストンに本拠を置くネグザンプと共に、商用・産業用ソーラー資産だけでなく、コミュニティーソーラー・プロジェクトにも投資する計画。

原題:Mitsubishi’s Diamond Unit Buys Minority Stake in Solar Company(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE