コンテンツにスキップする

NBCユニバーサル、映画「ハリー・ポッター」のTV放映権獲得

  • ワーナー・ブラザーズとの契約は約2億ドル相当と関係者
  • ハリー・ポッター放映権の現在の所有者はウォルト・ディズニー

米ケーブルテレビ(CATV)会社コムキャストの娯楽部門NBCユニバーサルはJ・K・ローリング原作の映画「ハリー・ポッター」とスピンオフ映画「ファンタスティック・ビースト」シリーズの国内テレビ放映権を映画会社ワーナー・ブラザーズから取得した。同社のCATV局視聴率やテーマパークの来園者数を押し上げる可能性がある。

  NBCユニバーサルの8日の発表によると、契約期間は2018年7月からの7年間。ハリー・ポッターのシリーズ全8本と今後公開されるファンタスティック・ビーストのシリーズは「USA」や「サイファイ」を含むNBC傘下のCATVネットワークで視聴できるようになる。NBCのテーマパークもファン向けのイベントや映画上映、両シリーズに関連する宣伝活動を手掛けることができる。

Hollywood Studios' Sales May Fall Below Record $10.6 Billion Without Strong Holiday Season

NBCユニバーサル

Photographer: Jonathan Alcorn/Bloomberg

  ポッター映画の放映権は現在、ウォルト・ディズニーのフリーフォーム(旧ABCファミリー)が所有。NBCはポッター映画のテレビ放映の独占的権利を取得する。ファンタスティック・ビーストはまずHBOで放映され、その後にNBCのCATVネットワークでのみ視聴可能になる。

  契約条件は非公開だとして関係者が匿名で語ったところによれば、NBCユニバーサルとタイム・ワーナー傘下のワーナー・ブラザーズの契約は約2億ドル(約204億円)相当だが、ファンタスティック・ビーストの映画興行成績によっては膨らむ可能性がある。

  合意については米紙ウォールストリート・ジャーナルが最初に報じた。

原題:NBC Buys Rights to ‘Harry Potter,’ ‘Fantastic Beasts’ Franchises(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE