コンテンツにスキップする

8月8日の海外株式・債券・為替・商品市場

更新日時

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:ドル堅調、ゴールドマンが買い推奨-モルガンSは慎重

ゴールドマン・サックス・グループは年内の米利上げ確率を市場が 十分に織り込んでいないとして、顧客にドル買いを勧めた。一方、モル ガン・スタンレーは異なる見解を示している。

5日に発表された予想より強い米雇用統計を受けて、ドルは上昇地 合いにあり、米利上げ観測が再燃している。ゴールドマンの主任通貨ス トラテジスト、ロビン・ブルックス氏は8日、年末までの利上げ確率を 従来の65%から75%に引き上げたとし、市場よりも高い確率で予想して いると述べた。モルガン・スタンレーの世界為替戦略責任者、ハンス・ レデカー氏は米国のインフレ期待を引き上げるには雇用増は十分ではな いとの見方を示した。

ゴールドマンのブルックス氏はマイケル・ケーヒル氏とまとめたリ ポートで、「米金融当局は市場が織り込む以上に政策金利を引き上げる とする予測に基づき、当社の構造的なドル強気に変わりはない」と説 明。「最大の注目点は依然として、米金融当局が年末に向けてどのよう に行動するかだ」と続けた。

イングランド銀行が先週、7年ぶりの利下げに踏み切ったように米 国外の中銀の多くが追加刺激に傾く一方で、米連邦公開市場委員会 (FOMC)の引き締め観測が再燃している。ドルは年初から4%近く 下げており、市場は今月ワイオミング州ジャクソンホールで予定されて いるイエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長の講演に注目してい る。

モルガン・スタンレーのレデカー氏(ロンドン在勤)はリポート で、ドルへの支援は「長く続かないだろう。米金融当局は実質金利の先 制的な上昇を容認する意図はなさそうだからだ」と予想。「米経済が年 末にかけてスピードを落とすという当社の予測に変わりはない」と続け た。

ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを 示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前営業日とほぼ変わらず。 5日には0.3%上昇していた。ドルは対円で0.6%高い1ドル=102円45 銭。対ユーロでは0.1%未満上昇し1ユーロ=1.1088ドル。

ブルームバーグがまとめたアナリスト調査では、ドルは年末までに 1ユーロ=1.08ドル、1ドル=105円に上昇すると予想されている。

金利先物市場に織り込まれている年内利上げの確率は約50%。1週 間前の36%から上昇した。FOMCは昨年12月にフェデラルファンド (FF)金利誘導目標を25ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%) 引き上げた。利上げは2006年以来で初めてだった。

ロンドンの為替取引会社ワールド・ファーストUKのチーフエコノ ミスト、ジェレミー・クック氏は強い米経済データがFOMCに利上げ を促すとして、ドルは「急伸するはずだ」と話す。「ドル指数には1年 間で6-7%の上昇余地がある」とニューヨークでのインタビューで述 べた。

原題:Goldman Says Buy Dollar on Fed, Morgan Stanley Says Not So Fast(抜粋)

◎米国株:小安い、減益継続と株価高止まりでバリュエーション上昇

米企業の利益回復は再び遠のいた。米株式市場ではS&P500種株 価指数が過去最高値付近で推移しているものの、7-9月(第3四半 期)の企業決算に対するアナリスト予想は減益に転じた。実際にそうな れば6四半期連続での減益となる。減益の継続はS&P500種のバリュ エーション上昇を引き起こしている。

ブルームバーグが実施したアナリスト調査では、6月末以降に予想 が2.9ポイント下方修正され、現在では第3四半期は0.6%の減益が見込 まれている。そうなった場合、米大型銘柄は金融危機以降で最長の減益 に見舞われることになる。業種別では主要10業種のうち、エネルギーや 資本財を中心に9業種で予想が引き下げられた。

8日の米株式市場では、S&P500種株価指数が前週末比0.1%安 の2180.89。ダウ工業株30種平均は14.24ドル(0.1%)下げて18529.29 ドル。ナスダック総合指数は0.2%安となった。

スタイフェル・ニコラスの市場ストラテジスト兼ポートフォリオマ ネジャー、ケビン・キャロン氏は「いずれ利益拡大を確認する必要があ るが、現在はどちらかと言えば足踏みが続いている感じだ」と指摘。 「急激な利益縮小よりはまだましだが、投資家の期待をさらに高める状 態だ」と続けた。

先週末5日にS&P500種は最高値を更新していた。米雇用者数が 予想を上回る伸びとなったことが背景にある。8日は、原油相場の上昇 を受けてエネルギー株が上げたものの、ヘルスケアや消費関連が全体を 押し下げた。同指数はここ3週間で最も小幅なレンジでの動きとなっ た。売買高は59億株で、過去30日の平均を16%下回った。

異例とも言える株価の底堅さと利益の減少により、バリュエーショ ンは大きく膨らんでいる。S&P500種の株価収益率(PER、実績営 業利益ベース)は20.5倍と、2009年以来の高水準。ドット・コム・バブ ル崩壊以降で最も高いバリュエーションだ。ゴールドマン・サックス・ グループのストラテジストらは5日付のリポートで、「世界の株式のバ リュエーションは伸長しているようだ」と指摘した。

ウェドブッシュ・セキュリティーズ(ロサンゼルス)の株式トレー ディング担当マネジングディレクター、マイケル・ジェームズ氏は「5 日発表の雇用統計で示された明るさを妨げるようなネガティブなことが 起きない限り、相場は緩やかに上昇し続けるだろう」と予想。「市場に 伝わっているメッセージは、4-6月(第2四半期)の決算と会社予想 が市場予想を上回ったということだ。世界の市場が現在の状況を維持で きれば、米株式市場は投資家にとって望ましい投資先であり続ける」と 述べた。

8日の市場ではアラガンが2.2%安。4-6月期の売上高が市場予 想に届かなかった。またブリストル・マイヤーズ・スクイブは5日に続 きこの日も大きく下げ、2営業日の下落率は20%に達した。同社は5 日、がん免疫治療薬「オプジーボ」を肺がんの単剤療法として使用する 臨床試験が失敗に終わったと明らかにした。

原題:Cure for Sick Profits Eludes S&P 500 as Rally Swells Valuations(抜粋)

◎米国債:10年債利回りはもみ合い、雇用堅調も利上げ織り込み進まず

8日の米国債市場では10年債利回りが6週間ぶり高水準近くでもみ 合う展開。米労働市場の力強い伸びを示す兆候が表れているものの、足 元の利上げ観測は強まっていない。

5日には雇用者数が予想を上回る伸びを示し、10年債利回りが3月 以来の大幅上昇となったが、この日はほぼ変わらず。金利先物市場が示 唆する9月の利上げ確率はわずか26%、年内は金利が維持されるとの見 方が強い。

マシュー・ホーンバック氏率いるモルガン・スタンレーのストラテ ジストチームは、9月20-21日の連邦公開市場委員会(FOMC)が近 づくにつれ、市場が織り込む利上げ確率は高まるとの見方を示した。 「今回の雇用統計と9月の利上げ確率をあまり直接的に関連付けないよ う注意が必要だが、投資家はそうせざるを得なくなるのではないだろう か。9月の利上げ確率は現在よりも高くなると考える」と顧客向けリポ ートで指摘した。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーのデータによればニューヨー ク時間午後5時現在、10年債利回りは前営業日比ほぼ変わらず の1.59%。7月には1.318%と、過去最低を更新していた。この日の同 年債(表面利率1.625%、2026年5月償還)価格は100 10/32。

今週は9日から3日間にわたり3、10、30年債の入札が実施され る。ブルームバーグが実施したエコノミスト調査によると、12日発表の 7月の小売売上高は前月比0.4%増(中央値)と予想されている。

モルガン・スタンレーは2年債利回りより5年債利回りの方が上昇 すると見込んだスティープ化の取引を推奨。「市場が今後1年間で2回 以上の利上げを織り込んでいるのなら、2年債と5年債の利回り曲線は スティープ化するはずだ」と記述した。さらに「当社の米エコノミスト が予想するように小売売上高が力強い内容になれば、この取引を後押し するはずだ。国債入札予定も寄与すると考える」とした。

2年債と5年債の利回り差は41ベーシスポイント(bp、1bp =0.01%)前後と、5日の雇用統計発表前の38bpから拡大している。

原題:Treasuries Fluctuate as Traders Reluctant to Boost Wagers on Fed(抜粋)

◎NY金:続落、1週間ぶり安値-底堅い米経済で株価とドルが上昇

8日のニューヨーク金先物相場は続落し、約1週間ぶりの安値とな った。米経済の底堅さが示されたことを背景に、世界の株式相場やドル が上昇、逃避先とされる金の需要が減退した。

INTL・FCストーン(ニューヨーク)のアナリスト、エドワー ド・メイア氏は貴金属に言及し、「堅調な株価やドルの上昇という背景 を踏まえれば、同グループは短期的に引き続き圧迫される可能性が高 い」とリポートで指摘した。

ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前週末 比0.2%安の1オンス=1341.30ドルで終了。一時は1335.30ドルと、日 中ベースでは7月29日以来の安値をつけた。

銀先物も下落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のパラジウ ムも値下がり。プラチナは上昇した。

原題:Gold Hits 1-Week Low as U.S. Resilience Boosts Equities, Dollar(抜粋)

◎NY原油:大幅反発、2週ぶり高値-OPECが非公式協議へ

8日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インタ ーミディエート(WTI)先物が大幅反発し、2週間ぶり高値。石油輸 出国機構(OPEC)が9月にアルジェで非公式会合を開くことを明ら かにした。OPECのサダ議長はまた、現在の弱気相場は長く続かない との見方も示した。

プレステージ・エコノミクス(テキサス州オースティン)のジェー ソン・シェンカー社長は「非公式会合に関する極めて公式な発表だ。市 場では強気に作用する」と指摘。「需給は遠くない将来にバランスを取 り戻し、価格下落は一時的なものだとのOPECの認識が示された」と 続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物9月限は前営 業日比1.22ドル(2.92%)高い1バレル=43.02ドルで終了。終値ベー スで7月25日以来の高値。ロンドンICEのブレント先物10月限は1.12 ドル(2.5%)上昇の45.39ドル。

原題:Crude Oil Advances to Two-Week High as OPEC Plans Informal Talks(抜粋)

◎欧州株:ストックス600、ほぼ変わらず-最近の上昇受け商い慎重

8日の欧州株式相場はほぼ変わらず。最近の相場上昇を見極めよう と商いは慎重になった。

アントファガスタとBHPビリトンがそれぞれ3.3%上げるなど、 商品高を背景に鉱山株が高い。英銀バークレイズは3.6%上昇。同銘柄 の投資判断をエクサンBNPパリバが引き上げた。ドイツのアリアンツ は3%高と、保険株の上げを主導した。一方、ヘルスケア指数は大きく 下げた。

ストックス600指数は前週末比0.1%未満上昇の341.53で終了。一時 は0.5%上昇した。5日には米雇用統計が予想を上回る内容だったこと を手掛かりに、同指数は大幅高となっていた。

ダンスケ銀行(コペンハーゲン)のチーフアナリスト、アラン・フ ォンメーレン氏は「過去1カ月ほど市場のパフォーマンスはそこそこ良 かった。5日は米雇用統計をきっかけに相場が大きく上昇したことか ら、利益確定は予想される」と発言。「欧州経済が窮地を脱した確証が さらに浮上し、イングランド銀行からの支援が拡大すればこの水準を抜 けることは可能だが、時間がかかるかもしれない」と続けた。

ドイツのDAX指数は0.6%上昇。6月の独鉱工業生産が予想を上 回る伸びとなったことが好感された。コメルツ銀行とドイツ銀行はそれ ぞれ約3%上げた。

原題:European Shares Little Changed as Investors Assess Recent Gains(抜粋)

◎欧州債:イタリア国債ほぼ変わらず-DBRSが格下げ方向で見直し

8日の欧州債市場ではイタリア国債がほぼ変わらずとなった。憲法 改正をめぐる国民投票が実施されるのを前に、同国の格付けが引き下げ 方向で見直されることが背景にある。

イタリア10年債は前週末までの続伸で、利回りは1年5カ月ぶり低 水準を付けていた。格付け会社DBRSは5日、同国の格付け「A(l ow)」を引き下げ方向で見直すと発表。イタリアの最高裁判所はこの 日、住民投票の実施を承認した。これでレンツィ首相は憲法改正の是非 を問う住民投票を実施できる見通しとなった。否決された場合、同首相 は辞任する意向を示している。

DZ銀行(フランクフルト)の債券ストラテジスト、クリスティア ン・レンク氏は、イタリアに対する「DBRSの格付けは他の3大格付 け会社と比較して良かった」とし、「リスクが長期化していることに鑑 みて、投資家は周辺国債に対する現在の小さいスプレッドが適切かどう か相場に織り込み始める可能性がある」と語った。

ロンドン時間午後4時10分現在、イタリア10年債利回りは前週末比 ほぼ変わらずの1.13%。5日は1.128%まで下げ、2015年3月以来の低 水準を付けた。同国債(表面利率1.6%、2026年6月償還)価格 は104.37。

同年限のドイツ国債利回りは1ベーシスポイント(bp、1bp =0.01%)上昇のマイナス0.057%。イタリア国債とのスプレッドは119 bpで、これは4月以降の最小。

原題:Italy’s Bonds Halt Rise as Credit Rating Threatened by Politics(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE