コンテンツにスキップする

パキスタンの病院で自爆テロ、約50人死亡-3月のテロ以降で最悪規模

パキスタン南西部バルチスタン州の州都クエッタで8日、自爆テロによる爆発で約50人が死亡した。同国でのテロ被害としては、3月にラホールで起きた自爆テロ以降で最悪。

  警察の報道担当シャザダ・ファルハド氏が電話で話したところによれば、8日朝に銃撃されたクエッタ弁護士会のビラル・アンワル・カシ会長の遺体が運び込まれた病院で、爆発は起きた。カシ会長は死亡し、爆発時、病院には弁護士らが弔問に集まっていたという。

  バルチスタン州の報道官は死者数について確認した上で、負傷者も60人出ていると説明した。
  
原題:Worst Pakistan Bombing Since Lahore Easter Attack Kills About 50(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE