コンテンツにスキップする

ロシア・エネルギー相:増産凍結をめぐる協議再開、現時点で必要ない

ロシアのノバク・エネルギー相は8日、現行水準の原油価格を踏まえ増産凍結に関する協議を再開する必要はないとの認識を示した。ただ、将来的な協議の可能性は残した。

  同相はモスクワで記者団に対し、「原油価格が引き続きおおよそ正常な水準にあることを考慮すると、こうした動きの展開はまだない」と指摘した上で、「価格が下がれば、そうした必要性が高まる可能性が大きい」と語った。サウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相とアルジェで来月会談する可能性は排除しなかった。

原題:Russia Sees No Need for Oil Freeze Talks Currently, Novak Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE