コンテンツにスキップする

欧州エアバス:英重大不正捜査局が独立コンサルタントに絡み捜査開始

  • エアバスは捜査に協力すると表明
  • 英重大不正捜査局が詐欺・贈収賄・汚職疑惑の刑事捜査を開始

欧州の航空機メーカー、エアバス・グループは7日、同社の独立コンサルタントの一部が関与した違反行為をめぐり、英重大不正捜査局(SFO)が詐欺、贈収賄、汚職疑惑の刑事捜査を開始したことを明らかにした。

  エアバスは発表資料で、同社民間航空部門への捜査に協力すると表明した。同社は今年、英当局と欧州輸出信用機関(EECA)に対し、内部調査の結果、一部の輸出金融申請で外部請負業者が関与した「虚偽記載と記載漏れ」があったと伝えていた。

原題:Airbus Says U.K. Fraud Office Starts Criminal Bribery Probe (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE