コンテンツにスキップする

安倍首相:大統領訪問で「新たな一歩踏み出す年」ー広島平和記念式典

  • 戦後71年、オバマ米大統領訪問後初の広島原爆の日
  • 昨年は触れなかった「非核三原則の堅持」盛り込む

安倍晋三首相は6日、広島市での平和記念式典であいさつし、「この地広島において、世界恒久平和の実現に向けて力を尽くすことをあらためてお誓い申し上げます」と述べた。あいさつでは、今年5月にオバマ米大統領が現職の米大統領として初めて広島を訪問したことに触れ、「新たな一歩を踏みだす年」と語った。NHKが式典を中継した。

  オバマ大統領の広島訪問の際には、安倍首相は平和公園で大統領を迎え、大統領と共に原爆死没者慰霊碑に献花した。あいさつの中では、大統領のスピーチについて「核兵器のない世界を追求する、そして核を保有する国々に対して、その勇気を持とうと、力強く呼び掛けました」と言及。スピーチは広島や長崎をはじめとした「日本中、世界中の人々に大きな希望を与えたものと確信している」とした。

  歴代の首相があいさつの中で言及し、安倍首相自身も過去のあいさつで述べていた「非核三原則」について、昨年の広島の式典では触れなかったが、今年は「唯一の戦争被爆国として、非核三原則を堅持」と再び盛り込んだ。

  松井一実広島市長も、平和宣言の中でオバマ大統領のスピーチの「核兵器のない世界を追求する勇気を持たなくてはならない」という部分を引用した。その上で、安倍首相に対し「オバマ大統領と共にリーダーシップを発揮することを期待する」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE