コンテンツにスキップする

米ヤフーの広報担当幹部が退社、ベライゾンによる事業買収控え

米ヤフーのグローバル広報・コミュニケーション担当バイスプレジデント、アン・エスピリトゥ氏が在籍4年で退社する。ヤフーは現在、中核資産を米ベライゾン・コミュニケーションズに売却する手続きを進めている。

  エスピリトゥ氏はマリッサ・メイヤー氏が2012年にヤフーの最高経営責任者(CEO)に就任した後、古巣のグーグルから初めて採用した人材だった。ブログサービスのタンブラーへの投稿によると、エスピリトゥ氏はメイヤー氏と退社についてしばらく話し合っていた。ヤフー退社後は、ヘルスケア関連の新興企業オスカー・インシュアランスに移籍する。

  メイヤーCEO就任以降、エスピリトゥ氏はヤフーによる意思伝達の取りまとめに重要な役割を果たしていた。

原題:Yahoo Communications Chief Leaves Ahead of Verizon Takeover (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE