コンテンツにスキップする

米大統領選:トランプ氏と共和党の溝深まる-有力党員が不支持表明

米大統領選挙の投票日まで100日を切ったが、共和党候補ドナルド・トランプ氏と戦死したイスラム教徒の米兵の両親との確執を背景に、トランプ氏と共和党の間で緊張が沸騰点に達した。

  共和党のストラテジストや元共和党議員らはトランプ氏の自己弁護や議論を誘発する傾向に当惑している。さらに今週はライアン下院議長とマケイン上院議員の再選支持を拒否し、共和党内では一層混乱が広がっている。

  テキサス州在住の共和党ストラテジスト、マット・マコウィアック氏はトランプ氏について「今の段階で選挙完敗に直面している。彼の行動を改めさせるのは無理だ」と述べ、「現在のトランプ氏は共和党に対して国際的なダメージを与えている。他の候補者を傷つけている。同氏が共和党を気にかけていないことは明らかだ。では共和党が彼に果たす責任とは何なのだろうか」と述べた。

  民主党が党大会を開催すると、トランプ氏は民主党候補ヒラリー・クリントン前国務長
官に対する支持率のリードを失った。さらにビン・ウェバー元下院議員は米CNBC局にトランプ氏が勝利した場合は共和党員をやめるだろうと発言するなど、有力な共和党員にもトランプ離れが起きている。

  バージニア州選出の元共和党下院議員、トム・デービス氏は「争う価値のない選挙戦だ」としてトランプ氏を支持する用意はできていないと述べ、「トランプ氏の言葉遣いは荒く」、「大統領選挙での戦いは統制がとれていない」と指摘した。

原題:Republicans Stuck With Trump Despite Fears He’ll Destroy Them(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE