コンテンツにスキップする

コーエン氏の新会社、18年の開始にらみ投資商品の需要探る-関係者

スティーブン・コーエン氏が新たに始めたスタンフォード・ハーバー・キャピタルはマーケティング会社と協力し、2018年にもスタートする可能性のある投資商品への需要を探っている。

  非公開情報だとして事情に詳しい関係者が匿名を条件に述べたところによれば、スタンフォードはダグラス・ブラグドン氏が設立した企業を今年に入り起用。同氏はインサイダー取引事件で閉鎖に追い込まれたコーエン氏のヘッジファンド、SACキャピタル・アドバイザーズでマーケティングと投資家向け情報提供(IR)のグローバル責任者だった。

  ブラグドン氏は資産配分についてスタンフォードに求める仮定上の条件について話し合うため投資家と会っていると、関係者は語っている。

  スタンフォードの広報を担当するジョナサン・ガスサルター氏はコメントを控えた。ブラグドン氏にも電話取材を試みたが、今のところ返答はない。

原題:Steve Cohen’s New Firm Said to Meet With Investors Ahead of 2018(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE