コンテンツにスキップする

米国債の利回り曲線、1月以来最長のスティープ化-チャート

米国債利回り曲線スティープ化

  米国債の5年物と30年物の利回り差(スプレッド)は1月以来最長の5営業日連続の拡大を演じた。同スプレッドは1カ月ぶり高水準に達し、米利回り曲線のフラット化傾向から離れた。米国債は利回りが7月に過去最低を付けた後、価格は今月に入って世界の債券相場とともに下落している。

原題:Treasuries Curve Steepens in Longest Streak Since January: Chart (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE