コンテンツにスキップする

モルガンS:イタリアから3250億円賠償請求も-デリバティブめぐり

米銀モルガン・スタンレーは、イタリア当局から最大28億8000万ユーロ(約3250億円)の損害賠償を求められる可能性があることを明らかにした。同行が10年以上前に販売したデリバティブ(金融派生商品)が不適切でその取引解消も不当だったとイタリア側はみているという。

  モルガン・スタンレーが3日届け出た四半期報告書によると、イタリア会計検査院は同行に対し1999-2005年に組成され12年までに契約を解消したデリバティブをめぐり賠償請求する方針を示した。金利スワップとオプションの取引はうまくいかず、この解消でイタリア側はモルガン・スタンレーに34億ドル(約3440億円)を支払ったとブルームバーグは12年に報じている。契約更新よりも解消の方がコストが安かったとも伝えた。

Views Of Morgan Stanley Headquarters Ahead Of Earnings Figures

モルガン・スタンレー本社

Photographer: Eric Thayer/Bloomberg

  モルガン・スタンレー広報のマーク・レーク氏はそうした賠償請求には根拠がなく、正当性を断固主張すると述べた。

原題:Morgan Stanley Discloses $3.21 Billion Italian Swaps Claim (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE