コンテンツにスキップする

ブラジル株:ボベスパ指数反発-原油高でペトロブラスが上昇

  • 歳出に関する法案の議会採決延期で一時は0.7%安となる場面も
  • 原油価格が上昇すれば苦境にあるペトロブラスの見通しは改善する

3日のブラジル株式市場で指標のボベスパ指数は上昇。プラス圏で終えたのは今週になって初めて。原油高を受けてブラジル石油公社(ペトロブラス)が値を上げ、同国政府が財政再建と成長回復に必要な措置の議会通過に向けた支持獲得に苦戦するとの懸念を打ち消した。

  ペトロブラスがボベスパ指数の上げに寄与した上位銘柄の1つ。原油価格は3日に上昇。米国での在庫が減少し、供給過剰が解消されつつあることが業界のデータで示された。原油価格が上昇すれば過去2年の原油安で苦境に陥っているペトロブラスの見通しは改善する。

  ボベスパ指数は3日、国の支援と引き換えに州の歳出に制限を課す法案の議会採決が延期されたことから0.7%安となる場面もあった。採決延期はテメル政権が厳しい措置を課すために必要な政治力を欠いているのではないかとのマイナスのメッセージを発していると、イレブン・ファイナンシャル・リサーチの金融市場責任者、アデオダト・ボルピ・ネット氏は指摘した。

  ボベスパ指数は前日比1.6%高の57076.91で取引を終了。指数を構成する59銘柄のうち42銘柄が上昇した。ペトロブラスは4.8%高と、この約2週間で最大の上げ。

原題:Brazil’s Stocks Rise as Petrobras Gain Offsets Recovery Concern(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE