コンテンツにスキップする

8月3日の欧州マーケットサマリー:株は3週ぶり安値付近

更新日時

欧州の為替・株式・債券・商品相場は次の 通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.1173   1.1224
ドル/円            101.32   100.89
ユーロ/円          113.20   113.23


株               終値   前営業日比 変化率
ダウ欧州株600   335.58     +.11      +.0%
英FT100      6,634.40   -11.00     -.2%
独DAX      10,170.21   +25.87     +.3%
仏CAC40     4,321.08    -6.91     -.2%


債券          直近利回り 前営業日比
独国債2年物     -.60%        +.00
独国債10年物    -.04%        .00
英国債10年物     .80%        -.01


商品                  直近値   前営業日比 変化率
金   現物午後値決め  1,358.90    -4.85     -.36%
原油 北海ブレント         43.10     +1.30    +3.11%

◎欧州株:3週ぶり安値付近-景気先行き懸念で売り、銀行株は高い

3日の欧州株式相場はほぼ変わらず。指標のストックス欧州600指 数は3週間ぶりの安値付近にとどまった。銀行株が反発したものの、景 気先行き懸念から売りが優勢となった。

ストックス600指数は前日比0.1%未満上げて335.58で終了。0.4% 高と0.4%安の範囲で高下した。この日の出来高は30日平均を約20%下 回る水準だった。

決算を手掛かりに英HSBCホールディングスやオランダのING グループなどの銀行株が買われたものの、大半の指数構成銘柄は下げる 展開となった。

ジュリアス・ベア・グループ(チューリヒ)の戦略調査部門責任 者、クリストフ・リニカー氏は、前週末発表された「銀行ストレステス ト(健全性審査)の結果が額面通り受け取られず、銀行株は過去数日は 軟調だったが、一部銀行の決算内容が予想を上回ったため向かい風がや や和らいだ」と指摘。「相場上昇を維持するには欧州の不透明感は依然 として高過ぎる。銀行問題を抱えているほか、英国の欧州連合(EU) 離脱がセンチメントを圧迫しており、景気をめぐる懸念もある。不安定 な動きが続くだろう」と付け加えた。

個別銘柄では、英発電設備レンタルのアグレコが13%安。スイスの 資産運用会社GAMホールディングも13%下げた。ドイツのメディア企 業アクセル・シュプリンガーは3.4%値下がり。一方、自動車メーカー のフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は8.3%上 昇。サムスン電子がフィアット傘下にあるマニエッティ・マレリ部門の 一部または全体を買収することに関心を寄せていると伝えられた。

原題:Banks’ Rebound Fails to Boost Europe Stocks Near Three-Week Low(抜粋)

◎欧州債:独国債ほぼ変わらず-5分の4以上で利回りがマイナス圏

3日の欧州債市場ではドイツの10年物国債がほぼ変わらず。この日 は2年債の入札が行われた。ドイツ国債の80%以上で利回りがマイナス 圏に押し下げられたが、市場では相場上昇の持続性に対して疑問が浮上 している。

ドイツ国債の先週のパフォーマンスは周辺国債を下回り、スペイ ン10年債のドイツ国債に対する上乗せ利回り幅(スプレッド)は昨年12 月以降の最小となっていた。ドイツはこの日、2018年9月償還債を50億 ユーロ入札。前日は日本の10年債入札結果を受け、世界的に国債が売り を浴びた。

KBCバンクのストラテジスト、マティアス・ファンデルユフト氏 (ブリュッセル在勤)は、「リスクリワードという点で買う意味のない 水準に、ドイツ国債は値上がりした」と指摘。「その一方で、利回りは 過去最低付近で推移すると見込まれるため」、ショートを建て始めるに は完璧なタイミングでないと語った。

ロンドン時間午後4時3分現在、ドイツ10年債利回りは前日比ほぼ 変わらずのマイナス0.035%。前日までの2営業日で8bp上昇してい た。先月6日には過去最低となるマイナス0.205%を記録した。同国債 (ゼロクーポン、2026年8月償還)価格は100.35。

2年債入札の平均落札利回りはマイナス0.6%。7月6日の前回入 札ではマイナス0.69%と、過去最低だった。ブルームバーグ・ドイツ国 債指数に基づくと、同国債の80%以上で利回りがマイナス圏にある。

スペイン10年債利回りは1bp上昇の1.09%。ドイツ国債に対する スプレッドは112bp。一時は110bpまで縮まった。英国のEU離脱が 決まった6月24日には194bpに達していた。

原題:Negative Yield on Four-Fifths of German Bonds Leaves Market Wary(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE