コンテンツにスキップする

タイ中銀、政策金利を1.5%に据え置き-憲法草案の国民投票控え

タイの中央銀行は3日、政策金利の据え置きを発表した。市場の大方の予想通りだった。新憲法草案に関する国民投票が7日に実施されるのを前に政策変更を控えた上、財政政策に景気回復を主導させる姿勢を示した。

  タイ中銀は政策決定会合で1日物レポ金利を1.5%に据え置くことを決めた。ブルームバーグ・ニュースの調査でエコノミスト23人中22人が予想した通りだった。ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)は0.25ポイントの利下げを見込んでいた。

原題:Thailand Keeps Benchmark Rate Unchanged Ahead of Referendum(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE