コンテンツにスキップする

オバマ米大統領:TPPを擁護、有利に議論展開できると自信示す

  • 批准されなければ日米関係がダメージ受ける恐れとシンガポール首相
  • TPPを放棄することは問題の解決にはならないとオバマ大統領

オバマ米大統領は2日、日米など12カ国が署名した環太平洋連携協定(TPP)をあらためて擁護した。その上で、民主・共和両党の大統領候補が反対するTPPの意義について、反対派よりも有利に議論を展開できる自信があると語った。

  TPPは今年の大統領選の争点の1つとなっており、オバマ大統領もグローバル化や技術の進歩に米国民の一部が不安を募らせていることを認めながらも、TPPを放棄することは問題の解決にはならないと主張した。

  訪米中のシンガポールのリー・シェンロン首相と会談したオバマ大統領はホワイトハウスで記者会見し、「貿易やグローバル経済から身を引くことは答えになり得ない。貿易について跳ね橋を上げようとする試みはわれわれ自身と自国の労働者を害するだけだ」と述べた。

Singapore Prime Minister Lee Hsien Loong State Visit To The White House

シンガポールのリー首相とオバマ米大統領

Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

  リー首相は記者会見で、TPPが批准されなければ、日米関係が特にダメージを受ける恐れがあると発言。安倍晋三首相はTPPを後押ししたことで、TPPに反対する日本の農家の政権への支持が緊張にさらされたと指摘した。

原題:Obama Backs Trade Deal Despite Clinton, Trump Opposition (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE