コンテンツにスキップする

トランプ氏:インフラに5000億ドル余り投資-クリントン氏案の2倍

  • 財源にはあいまいな回答、「資金は得られる」-インタビュー
  • 増税はしない、「最大規模の減税に踏み切る」とも発言

米大統領選挙の共和党候補、ドナルド・トランプ氏は2日、当選を果たした場合、米国のインフラを再建する計画を明らかにした。規模は民主党候補のヒラリー・クリントン前米国務長官が打ち出した数字の「少なくとも2倍」としており、実現すれば巨額の政府プログラムとなる。

  トランプ氏はフォックス・ビジネス・ネットワークの番組で支出規模を問われたのに対し、クリントン氏の「数字の少なくとも2倍だ。実際にはそれよりも必要になろう。崩落の危険のある橋は多数ある」と述べた。

  クリントン氏の計画は5年間で2750億ドル(約28兆円)の規模となる見通しで、大型プロジェクトの資金を支援するインフラ銀行の設立を呼び掛けている。オバマ大統領もこうした構想を進めたが、共和党の支持が得られず行き詰まった。

  5000億ドル余りに上ることになる支出計画の財源を問われたトランプ氏は、「資金は得られる。低金利で目を見張るようなディールをまとめられる」と述べ、「インフラ債」を活用する考えも示したが、あいまいな回答に終始した。

  トランプ氏は同じインタビューで、自身はクリントン氏とは異なり、増税しないと発言。「私は最大規模の減税に踏み切る」と語った。

原題:Trump Says He’ll Spend More Than $500 Billion on Infrastructure(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE