コンテンツにスキップする

NY原油(2日):終値で40ドル割れ-ブレント弱気相場入り

2日のニューヨーク原油先物市場ではウェス ト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が続落し、ほぼ4 カ月ぶり安値で引けた。米国株につれ安したほか、世界経済の成長不安 が再燃したことを嫌気した。前日のWTIに続き、この日はロンドンの ブレント原油が弱気相場入りした。

みずほセキュリティーズUSA(ニューヨーク)の先物部門ディレ クター、ボブ・ヨーガー氏は「株価が下げているため、リスクオフは決 定的となった」と指摘。「ドルの軟調にもかかわらず、原油は勢いよく 下げている」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物9月限は前日 比55セント(1.37%)安い1バレル=39.51ドル。4月7日以来の安値 で引けた。ロンドンICEのブレント先物10月限は34セント下げ て41.80ドル。

原題:Oil Drops Amid Global Growth Concerns and Oversupply Worries(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE