コンテンツにスキップする

7月米自動車販売:GMは予想下回る、ホンダは予想外の増加

更新日時

自動車メーカー各社が発表した7月の米販売統計は、総じてアナリスト予想を下回る結果となった。自動車販売は昨年に過去最高を記録しており、ピークは過ぎたとの懸念があらためて強まった。

  販売台数は強弱まちまちの内容。米ゼネラル・モーターズ(GM)とフォード・モーター、トヨタ自動車はいずれも前年同月から販売台数が減少した。日産自動車とフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は小幅増。ホンダは市場予想に反して増加した。

Falling Short

  コンサルタント会社アリックスパートナーズのマネジングディレクター兼自動車担当責任者のマーク・ウェイクフィールド氏は、「過去5年間は前進と上昇が続き、人員を雇い入れ、力強い伸びを見込んだ計画に積極的だった。その時代は終わった」と述べ、「自動車業界が景気サイクルをけん引することはないだろう」と続けた。

  調査会社オートデータによると、7月の米自動車販売は年率換算で1790万台。アナリストの予想平均は1760万台だった。 

Coming to an End?

原題:Ford, GM July Sales Miss Estimates With Honda Rare Bright Spot(抜粋)

(コメントを差し替え、業界団体発表の数字を加えます.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE