コンテンツにスキップする

米IBM:POSシステムのレベル・システムズ買収を協議-関係者

  • レベルはレストランなど向けにiPad利用のシステムを提供
  • レベルの昨年の企業価値は5億ドル余、資金調達環境悪化で売却検討

米IBMは小売り関連事業拡大を狙い、同国新興企業のレベル・システムズの買収に向けた協議を進めている。レベル・システムズはレストランや小売店向けにクラウドベースの販売時点情報管理(POS)システムを提供している。複数の関係者が明らかにした。

  協議はまだ初期段階で、レベルが年内に予定している「iPad(アイパッド)」を利用したPOSシステムの実験に関与することから始める可能性もあると関係者は説明した。レベルとIBMはいずれもコメントを控えている。

  レベル買収によりIBMは小売り向けサービス群の穴を埋められる可能性がある。IBMは2012年にPOS機器事業を8億ドル(現行レートで約820億円)余りで東芝テックに売却した。レベルは資金調達環境が厳しさを増し、企業価値評価が下落する中で売却を検討している。

  10年に設立したレベルは現在までに1億2800万ドルの資金を獲得、うち昨年は5億ドルを超える企業価値評価に基づき1350万ドルを調達した。従業員数は750人、売上高や損益は開示していないが、12年後半時点での説明によると収支は黒字。

原題:IBM Said to Be in Early Talks to Acquire Revel Systems(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE