コンテンツにスキップする

米アップル:日本でサプライヤー865社、3兆円規模の取引

  • 71万人の雇用を支援-ウェブサイトで日本経済への貢献示す
  • 日本のアプリ開発業者の収益は9800億円

アップルは2日、スマートフォンの「iPhone(アイフォーン)」など同社製品を生産するにあたり、日本企業865社と取引したことなどを明らかにし、日本経済への貢献を示した。

  同社ウェブサイトによると、取引があったの部品サプライヤーは京セラなど865社で、2015年度の取引額は300億ドル(約3兆円)を超えたという。また同社が日本で創出または支援した雇用数は71万5000人に上るとした。このうち日本のアップル社員は2900人。

  また、アイフォーン向けなどのアプリに関して、日本を拠点とするデベロッパーの収益は96億ドル(9800億円)だったという。

  アップルは重要なサプライヤーのいくつかは日本企業だとした上で、「これらサプライヤーと行う取引は、日本中で雇用と経済成長をもたらしています」と記している。

  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE