コンテンツにスキップする

米ギリアドの「ハーボニー」、薬剤管理エクスプレスSのカバー対象に

ギリアド・サイエンシズのC型肝炎治療薬「ハーボニー」が、米薬剤給付管理(PBM)会社エクスプレス・スクリプツ・ホールディングに来年カバーされることになった。これはさらなる患者の獲得につながる動き。

  ギリアドはハーボニーの記録的な売り上げの持続に向けて幾つかの問題に直面している。米アッヴィメルクが同様の製品を提供しているため価格が押し下げられているほか、アッヴィは2014年12月にエクスプレス・スクリプツと独占契約を結び、市場への足掛かりを得ていた。

  エクスプレス・スクリプツは1日、17年の推奨医薬品リストから除外される製品を公表。ハーボニーは除外対象から外れた。同社の別のC型肝炎治療薬である「ソバルディ」やメルクの「ZEPATIER」は引き続き同リストから除外される。

   1日のニューヨーク市場でギリアドの株価は前週末比1.2%高の80.46ドルで終了。年初来では20%下落している。アッヴィは1.1%高の66.94ドル。

原題:Gilead Gains Express Scripts Coverage for Hepatitis Drug Harvoni(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE