コンテンツにスキップする

海外投資家の中国本土債保有、6月に急増-2年余りで最大の伸び

海外投資家の中国本土債保有が6月に過去2年余りで最も増加した。本土の銀行間市場をめぐる本土以外の投資家に対する規制緩和が追い風となった。

  中国人民銀行(中央銀行)からの入手可能なデータは、海外事業体の保有額が477億元(約7400億円)増え7640億元に達したことを示している。ブルームバーグが公式データを基に算出したところによれば、月間ベースでは2014年2月以来の大きな伸びを記録した。

原題:Foreign Holdings of China Bonds Rise Most in More Than Two Years(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE