埼玉に「ムーミン谷」、ヘッジファンドから「かわいい」事業へシフト

更新日時

「ヘッジファンドを売るのはやめて、今はムーミンたちをどうしたものかと考えている」。東京で金融に30年携わり、バブル経済時代に円・ドルスワップを開発した草分けのロバート・ハースト氏(68)は今、埼玉県飯能市で来年開園するムーミンのテーマパークの準備に追われている。作者トーベ・ヤンソンの故郷フィンランド以外では日本が初の進出先だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。