NY金(29日):続伸、ドル安や米GDP低調で-週間では2週連続高

29日のニューヨーク金先物相場は続伸。ドルの下落や第2四半期(4-6月)の米国内総生産(GDP)成長率が市場予想を下回ったことを背景に、価値保存手段としての金の買いが減退した。金は週間ベースでは2週連続の上昇。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。