メキシコ:4-6月GDP、前期比0.3%減-3年ぶりマイナス成長に

メキシコ経済は4-6月(第2四半期)に前期比で縮小し、3年ぶりのマイナス成長となった。サービス業の伸び鈍化と輸出減が響いた。

  国家統計地理情報局(INEGI)が29日発表した国内総生産 (GDP)速報値は前期比0.3%減少。ブルームバーグがまとめたエコノミスト13人の予想中央値は0.1%減だった。前年同期比では2.4%増と、市場予想と一致した。GDP確定値は8月22日に公表される。

原題:Mexico GDP Falls for 1st Time in 3 Years on Slower Services (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE