米雇用コスト指数:第2四半期は0.6%上昇、伸び率は前期と同じ

米労働省が29日発表した4-6月(第2四半期)の雇用コスト指数 (ECI、季節調整後)は前期比0.6%の上昇。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値と一致した。前期も0.6%上昇。

  第2四半期のECIは前年同期比では2.3%上昇と、1年ぶりの大幅な伸びとなった。

  統計の詳細は表をご覧ください。

原題:Worker Compensation in U.S. Rose at 0.6% Pace in Second Quarter(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE