ユーロ圏:4-6月GDP前期比0.3%増に鈍化-英EU離脱で不透明感

  • 7月のインフレ率は0.2%に加速
  • 6月の失業率は10.1%で、5月と同水準

ユーロ圏経済の4ー6月(第2四半期)成長率はエコノミストの予想通りに伸びが鈍化した。英国が国民投票で欧州連合(EU)離脱を選択したことをめぐり、これがユーロ圏経済にどのような影響を及ぼすか慎重に見極める必要があるとの欧州中央銀行(ECB)の判断を支持する内容となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。