中国民生投資、仏ソシエテGのロンドン本部ビル買収で最有力-関係者

中国民生銀行の投資部門である中国民生投資(CMI)は、仏銀ソシエテ・ジェネラルのロンドン本部ビルの買い手として最有力候補に選ばれた。事情に詳しい関係者2人が明らかにした。

  非公開情報であることを理由に匿名で語った同関係者によれば、ソシエテはロンドンの金融街シティーにある同ビルを期間4年でリースバックし、CMIはその後、改装することを計画している。ソシエテの広報担当はコメントを控えた。CMIには電子メールでコメントを求めたが、返答は得られていない。

  CMIの取得額は約8500万ポンド(約116億円)に上る見通し。これは英国で欧州連合(EU)離脱・残留を問う国民投票が行われる前にソシエテが売りに出した際の要求額とほぼ同水準。ソシエテは2019年にロンドン東部のカナリーワーフへの移転を計画している。

原題:China Minsheng Said Lead Bidder for SocGen’s London HQ (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE