日銀総裁:2%目標変更する考えない、早期達成の観点から政策検証

日本銀行の黒田東彦総裁は記者会見で、これまでの量的・質的緩和やマイナス金利に関する総括的検証を執行部に指示したことについて、2%の物価目標を変える考えはないと述べた上で、その早期達成に「何が必要かという観点から虚心坦懐(たんかい)に検討する」と語った。

  黒田総裁は、これまでの量的緩和やマイナス金利政策について限界に来たことは全くないと指摘。マイナス金利は、実体経済にプラスの影響を及ぼしつつあると述べ、「まだ深掘りしていく余地がある」と語った。総括的検証で必要であれば金融政策についても考えると述べたが、特定の政策を前提にしているわけではないとも語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE