中国人民元、週間で4カ月ぶり大幅高-米利上げペース緩やかとの観測

更新日時

今週の中国人民元の対ドル相場は、週間ベースで約4カ月ぶりの大幅高となった。米国の利上げは緩やかなペースにとどまるとの観測が広がった。

  中国外国為替取引システム(CFETS)によると、上海市場で取引される人民元は現地時間29日午後4時52分(日本時間同5時52分)現在、前週末比0.38%高の1ドル=6.6548元と、週間ベースで4月1日終了週以来の大きな上昇。中国人民銀行(中央銀行)は29日、元の中心レートを0.13%元高方向に引き上げた。

  香港市場のオフショア人民元は前日比0.01%高の6.6604元。前週末比では0.33%上昇。13通貨のバスケットに対する人民元の動きを示す「CFETS人民元指数」を基にしたブルームバーグのレプリカは今週0.15%上げた。

原題:Yuan Set for Biggest Weekly Gain Since April as Fed Gives Relief(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE