台湾経済がプラス成長に転換、電子製品需要で-4~6月期

  • 4-6月GDPは前年同期比0.69%増-予想中央値は0.7%増 
  • 1-3月GDPは0.68%減だった

台湾経済が4-6月(第2四半期)にプラス成長に転じた。電子製品需要が支えとなり、追加利下げを急ぐ必要がないことが示唆された。それまでの3四半期はマイナス成長だった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。