バリック・ゴールド、鉱山持ち分売却規模は最大10億ドル-関係者

  • カルグーリー鉱山持ち分売却アドバイザーにクレディ・スイスを指名
  • ニューモントや中国の鉱山会社などが入札に参加する可能性がある

世界最大の産金会社カナダのバリック・ゴールドは、オーストラリアのカルグーリー・スーパーピット金鉱山の50%の持ち分の売却により、最大10億ドル(約1040億円)を手にする可能性がある。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。