中国経済動かすのは金利ではなくマネーサプライ-米連銀研究員ら

  • 米中のエコノミストの報告書を全米経済研究所が公表
  • 分析は中国経済の回復ではなく漸進的な減速を示唆

米連邦準備制度の研究員らが開発した新たな予測モデルによれば、中国経済に影響を与えるのは金利よりもむしろ広範なマネーサプライ(通貨供給量)の変化だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。