鉄鋼大手3社が赤字に転落、4~6月期-円高影響は計500億円に

  • 新日鉄住金とJFEは鋼材価格の下落と円高による輸出採算が悪化
  • 神戸鋼は中国での油圧ショベル販売減と貸倒引当金積み増しも影響

新日鉄住金JFEホールディングス(HD)神戸製鋼所の鉄鋼大手3社の2016年4-6月期の連結決算が29日出そろい、全社の純損益が赤字に転落した。中国の過剰生産に伴う海外市況の悪化で鋼材価格が下落したことに加え、円高が進んだことで輸出採算も悪化した。円高の影響は3社合計で約500億円の経常利益押し下げ要因となった。中間配当は3社とも見送ることを決めた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。