「天才」ヘッジファンドマネジャーが業界の傘-オークツリー共同会長

  • ヘッジファンド業界に対し「懐疑的な見方が広がっている」
  • 手軽に魔法を生む「ヘッジファンド」などというものは決してない

オークツリー・キャピタル・グループのハワード・マークス共同会長は28日、ここ10年であまりにも多くのファンドマネジャーがヘッジファンド業界に参入し、投資家のヘッジファンド志向が弱まっているとの見方を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。