ECBクーレ理事:金利の下限にはなお程遠い-さらなる下げ余地も

  • マイナス金利が銀行収益に悪影響を及ぼすリスクを認識
  • 米コネティカット州で講演

欧州中央銀行(ECB)のクーレ理事は28日、低金利が経済や消費者行動に悪影響を及ぼし始める事態に至る前に、必要であれば金利をさらに引き下げる余地は残っているとの見解を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。