ゴールドマン:原油価格、ガソリン過剰でなくドル上昇が下落圧力に

  • 来年半ばにかけて1バレル=45-50ドルで推移と予想:ゴールドマン
  • 世界の原油市場、7-12月は「若干」供給不足へ

短期的な原油価格にとってガソリンの供給過剰よりもドル相場の上昇が最大のリスクになるとの見方を、米ゴールドマン・サックス・グループが示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。