みずほFG:4-6月純利益は16%減の1326億円-利ざやが縮小

更新日時

みずほフィナンシャルグループの4-6月 (第1四半期)連結純利益は、前年同期比16%減の1326億円だった。マイナス金利政策の影響による利ざや縮小で融資業務からの収益が伸び悩んだほか、市場混乱などが影響した。通期予想は6000億円を据え置いた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。