【債券週間展望】長期金利上昇か、相場急落余波や10年入札控えて売り

  • 上値が重いのは間違いない-岡三証
  • 日銀緩和策への期待がはく落、限界も意識される-メリルリンチ日本

来週の債券市場では長期金利の上昇が予想されている。日本銀行がこの日の金融政策決定会合の緩和内容に失望して相場が急落した影響が残ることに加えて、10年債入札を控えて売り圧力が強まりやすいとの見方が背景にある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。