NY原油(28日):続落、在庫増への失望続く-弱気相場入りが視野に

28日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が続落。夏場としてはすでに約20年ぶりの高水準にある原油在庫が先週、予想外に増加したことが前日の統計で明らかになり、売りはこの日も続いた。原油市場はじわじわと弱気相場入りに近づいている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。