メルケル独首相、難民危機の対応を擁護-相次ぐテロで批判噴出

  • 難民申請者によるテロ、ドイツの寛容性を「あざ笑う行為」-首相
  • 「ドイツは乗り越えられる」とあらためて強調

ドイツのメルケル首相は難民危機への対応に問題はないと主張、テロの容疑者に対し速やかな措置を取ると明言した。ドイツでは社会を揺るがすテロ攻撃が相次ぎ、首相の移民政策に対する批判が再燃している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。