日銀の政策、市場が「失望」する確率50%以上-PIMCOクラリダ氏

日本銀行は29日に金融政策決定会合の結果を発表するが、米パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)の世界戦略アドバイザー、リチャード・クラリダ氏は少なくとも50%の確率で市場の失望を誘うとの見方を示した。新たな金融緩和と財政政策との協調には時間がかかると指摘している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。