ダウ・ケミカル:4-6月は利益が予想上回る-プラスチック好調

米化学品大手ダウ・ケミカルの4-6月(第2四半期)決算では、利益がアナリスト予想を上回った。主要製品であるプラスチックの需要増加が寄与した。ダウは年内にデュポンとの歴史的合併の完了を予定している。

  28日の同社発表によると、営業利益は1株当たり95セント。ブルームバーグがまとめたアナリスト予想の平均(同85セント)を上回った。売上高は120億ドル(約1兆2600億円)に減少。市場予想は112億ドルだった。

  プラスチック部門は、包装や輸送、インフラといった市場の好調を背景に、販売量が12%増加した。

原題:Dow Chemical Profit Tops Estimates on Higher Plastics Volume (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE