米マスターカード:4-6月は6.7%増益、消費者のカード利用が増加

米決済処理ネットワーク2位、マスターカードの4-6月(第2四半期)決算は、利益が前年同期比6.7%増加した。消費者のカード利用が増えた。

  28日の同社発表によると、純利益は9億8300万ドル(約1030億円、1株当たり89セント)と、前年同期の9億2100万ドル(同81セント)から増加した。訴訟関連費用を除いた利益は1株当たり96セント。ブルームバーグがまとめたアナリスト30人の予想平均は90セントだった。

原題:Mastercard Profit Rises 6.7% as Consumer Card Spending Climbs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE