ユーロ圏:7月の景況感指数、予想に反して改善-英国がEU離脱選択も

  • 景況感指数は104.6に上昇、6月は104.4
  • 消費者信頼感指数も7月に改善

ユーロ圏では7月に景況感指数が予想に反して改善した。英国が6月の国民投票で欧州連合(EU)離脱を選択したことに伴う当初の影響は目立たない程度である可能性を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。